忍者ブログ
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 (教員は工学部機会工学科兼担となっていますので、本郷にも研究室あります。) -----日々の様子を綴ってみたいと思っています。
Posted by - 2017.12.13,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by kamatalab - 2011.04.01,Fri
K藤です。

あっという間に4月になりましたね。
構内の桜も三分咲きというところでしょうか。

56580a37.JPG









先ほどN助教と調査に行って来ました。
正門そばの桜です。

k01.JPG







こちらは正門入ってすぐの「法学部3号館」
おそらく耐震補強工事と思われます(未確認、、違ってたらゴメン!)


そんな中、震災や原発事故などで被災された方々のことを思うと、せっかくの春なのですが、いたたまれない気持ちでいっぱいです。鎌田小竹研の卒業生や新M1生の中にも、湾岸地域在住の人は液状化の影響があり、断水や停電などで苦労している人もいるようですし、昨年度は卒業式や修了式もいつもの年のように行われることもなく、静かに卒業、修了していきました。入学式もいつものように行われることもないようですし、授業も私たちの所属する工学系研究科では5月6日からとなりました。それに伴いガイダンスも5月6日です。

どうか一日でも早く、この辛い状況から抜け出てもらえるよう、被災していない私たちがこれから一生懸命がんばりましょう。(がんばらなければいけないのは被災地の方々ではなく、私たちです!)

それはさておき、、、今日、来て見ると、就職していったM2(一人はDとして研究室に残ってくれました)のメッセージが行き先掲示板にかかれていました。
何もメッセージが書かれていないS君は、今日からD生となり、I君、ももちゃんとともに、みんなのよき兄貴役に
なってくれるそうで、、先ほど本人から声高らかに「俺にまかせろ」と聞きました。

wb.JPG







これからの日本の復興には、この前いっぱいコメントをくれた鎌田小竹研のOBOGたちとともに、
この3月に卒業して就職して行く彼らの力が必要になってくると思います。
それぞれの企業で、それぞれの部署で、直接的には被災地と関連していなくても、
みんなの働いている企業ががんばることで、きっと日本はゲンキになります。
しばらくは研修研修の日々だと思いますが、新しい今の気持ちを持って、がんばって行って下さい。

そして都内へ来ることがあれば、いつでも研究室へ遊びに来てね。
みんな待っていますぞ。

PS:
そうそう学部のとき、鎌田小竹研にいたコウイチ君がママチャリを寄付してくれました。
今、スロープ前にありますが、鍵は私が持っています。
写真のようなメッセージとともに鍵を送って来てくれたコウイチ君、ありがとうね!
そして修了&就職おめでとう!!

cycle.JPG









コウイチ君から届いたメッセージとママチャリの鍵。
ノバウサギ号が去ってすぐなので、ノバウサギ2号、、にしようかと思いましたが、
コウイチ君から一文字取って、「ヒカリ号」と命名します。

「研究室の歩き方」担当のK君>>>書き換えよろしくです。


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[08/30 K藤]
[12/16 YJ]
[12/16 K藤]
[11/28 K藤@山サイ研]
[11/27 みちのくphoto caravan代表]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]