忍者ブログ
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 (教員は工学部機会工学科兼担となっていますので、本郷にも研究室あります。) -----日々の様子を綴ってみたいと思っています。
Posted by kamatalab - 2011.03.30,Wed
鎌田・小竹研究室の学生、および配属予定、希望の学生の皆さま

二瓶@助教です。
学内サイトにいくつか情報が出ていたので、周知のためにこちらに転載しておきます。

鎌田・小竹研究室における活動方針を下記の指針をもとに、まとめました。いずれについても、状況によって変更する可能性がありますのでご注意ください(変更があれば、こちらに記入しておきます)。

①学部4年生
4月5日、6日に開催される研究室紹介は予定通り行われます。鎌田・小竹研究室は両日午後を予定しています。時間は未定です。場所は、8号館地下1階です。興味がある学生は、ぜひ来てください。
②修士1年生
4月の上旬に来校するよう(やむを得ない打合せ、ML登録作業等)、教授から、個別に連絡が行っていると思います。もし来てない!という学生は、至急連絡をください。4月中は自宅学習となる予定です。
③修士2年生
皆元気な顔を見せてくれていますし、連絡がとれているので安心していますが、今後の来校については、指導教員の指示に従ってください。定期研究会は、今のところ5月開始予定ですが、決まり次第MLへ流します。
④博士課程
下記、指針通り。


以下、転載
工学部・工学系研究科ポータルサイトより。
===========================================
平成23 年3 月29日
平成23年度夏学期の学習・研究のための登校についての指針
 
工学部長・工学系研究科長 北森武彦

すでに通知しましたように、工学部・工学系研究科では、平成23年度夏学期について
は、授業開始を5月6日(金)とすることにしました。これにともない、学生の学習・研
究のための登校についての指針を下記のとおりとします。
1)学部学生、大学院生、研究生、聴講生等は、4月1日から5月5日までは、連絡や諸
手続き、他学部・他研究科講義の聴講、下記のやむを得ない実験等を除き、学習・研
究のための登校はせず、自宅学習とする。
2)博士課程の学生については、研究の継続上不可欠と判断される実験、実験機器の維持
のため不可欠な操作などが必要な場合は、そのための登校を認める。
3)修士課程2年生については、上記2)の事由であって、指導教員と専攻長が協議の上
不可欠と認められる場合にのみ、例外的にそのための登校を認める。
4)上記2)および3)の場合、実験等の実施にあたっては、下記二件の全学からの通知
に従うこと。
  • 電力の使用抑制に対する一部解除について(通知)
  • 電力の使用抑制に対する一部解除に伴う実験再開の注意について(通知)
5)研究教育以外の課外活動については、以下の全学からの通知に示された注意事項に従
って、節度をもって行うこと。
  • 課外活動の自粛について【第2報】
以上
===========================================

できるだけ、情報発信をできるように努めますが、不定期になると思います。
もし、研究室の活動について、何か分からないことや聞きたいことがあれば直接メール(二瓶:mnihei(a)sl.t.u-tokyo.ac.jp ((a)を@に変更して)をください。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/30 K藤]
[12/16 YJ]
[12/16 K藤]
[11/28 K藤@山サイ研]
[11/27 みちのくphoto caravan代表]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]